宇津木式(肌断食)について 日焼け

宇津木式(肌断食)をしている私が、日焼け止めを毎日塗るのをやめた”3つの理由”

2023年6月19日

※アフィリエイト広告を利用しています

日焼け止めをやめた3つの理由(宇津木式、肌断食)

天パ たまこんぶ

低コスト美容オタク。■宇津木式(肌断食)11年目。■クルクルの髪の毛は天然の癖毛。■自分で試して良かった美容法を紹介。

こんな方にオススメ

  • 日焼け止めを塗ると肌が荒れてしまう方。
  • 日焼け止めを塗らないと肌がどうなるのか知りたい方。

 

私は以前、仕事に行く時、買い物に行く時はもちろん、1日家を出ない時すら窓から入る紫外線対策として365日、日焼け止めを塗っていました。

 

とにかく紫外線が怖い。

将来のシミ予防、たるみ、老化予防でと、常に美白を意識していました。

 

ただ、数年前から価値観が変わり、現在日焼け止めを塗るのは1日中屋外にいる時だけ

仕事や買い物など外を歩く時は、日傘か帽子で日光を遮るのみ。

日光が眩しくて目が痛い時には、紫外線カット眼鏡をするくらい。

 

春や秋など気候の良い日は、あえて日光浴をする事もあるくらいです。

 

 

たまこんぶ
今回は、何故私が日焼け止めを過剰に塗らなくなったのか、3つの理由をお話ししていきます。

 

\シミ予防についてはこちら/

宇津木式、肌断食、シミ対策、日焼け止めを塗らない、シルク枕、日傘、帽子
【宇津木式・肌断食をしている最中のシミ予防対策】日焼け止め、基礎化粧品、美容医療以外で出来る方法

続きを見る

宇津木式を実行している為

宇津木式美容法

 

1番の理由は、宇津木式(肌断食)をしているからです。

 

宇津木式とは?11年続けた体験談
【宇津木式とは?】肌断食を11年続けた経過&肌の変化まとめ

続きを見る

 

私は宇津木式をするまで(10代後半~20代前半)は、かなり肌が荒れていました。

 

当時は、何故ニキビが出来るのか?と考えずに、皮膚科で薬を貰ったり、ニキビに良いと言われる化粧品を使用して対処。

 

それでも繰り返すニキビをどうにか治したいと思い、さまざまな美容法を試して行きついたのが「宇津木式(肌断食)」というシンプルケアでした。

 

 

宇津木式とは?

 

やけど治療から生まれたスキンケアで、スキンケアをあえてしないという「何もしないスキンケア」の事です。

 

洗顔、化粧水、下地、ファンデ、クレンジングも不要。

元々何もしなくても皮膚は健康に保てるようになっている、という内容で形成外科医 宇津木龍一先生が推奨している方法です。

 

 

\宇津木式体験談はこちら/

宇津木式とは?11年続けた体験談
【宇津木式とは?】肌断食を11年続けた経過&肌の変化まとめ

続きを見る

 

 

宇津木式で日焼け止めを塗らない方が良い理由

 

雑誌、メディアなどさまざまな所で、「日焼け止めは塗らなくてはいけない」「色が白いは七難隠す」などと言われ続けているので、日焼け止めを塗らないのは怖いと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

 

日焼け止めを塗らない方がいい理由

  • 15分日光に当たる程度であれば、日焼け止めを塗る方が肌ダメージが大きい。
  • 日光は日焼け止めではなく、帽子や日傘で防げばよい。ただ長時間日光を浴びる際は、肌に優しい日焼け止めを使用。
  • 毎日の日焼け止め、クレンジングは肌を痛めてしまう為、使用しない方がいい。

 

実際に私は日焼け止めの使用をやめて、良い変化が現れました。

汗をかきやすい夏場に出来ていたオデコのプツプツが出来なくなったんです。

 

汗&日焼け止め&クレンジングのダメージが無くなった事で、肌を健康に保ちやすくなったのかもしれません。

 

ただ、日光を一切さえぎらずに、浴び続けている訳ではありません。

顔面は帽子や日傘で、しっかり遮っています。

 

 

身体が日に焼けたとしても、肌の新陳代謝で色は戻る

 

帽子や日傘で隠れない、身体の日焼けは「まぁいっか!」と気楽に考えています。

 

 

たまこんぶ
日焼けしてもいいや!と思えたきっかけは、レーザー治療の際にお医者様と話をした事です。

 

 

私はシミが出来ると”シミ取りレーザー”を受けて取り除いています。

その時にお医者様に日焼けについて相談し、以下の返答を貰い納得をしました。

 

  • 肌の新陳代謝がしっかりしていれば、焼けたとしても冬に色は戻る。
  • 日常生活を送るうえで浴びる日本の紫外線は、そこまで危険ではない。
  • 紫外線を直接浴びる屋外にいる時以外は、何もつけなくても問題ない。(ゴルフ、海など)
  • 日焼け止めを塗ってクレンジングで落とす方がダメージが大きい。

 

当時「美白命」だった私は、そちらについても先生に聞いてみました。

 

 

たまこんぶ
お話されている事は理解できます。でも、色が白い方が肌は綺麗に見えますよね。

 

あのね、我々黄色人種は、夏は黒くなる、冬は白くなる、それが普通。肌の色が黒くてもシミがなければ健康的で綺麗な肌だと思うけど。
専門家

 

 

たった一言ですが、未だに覚えているセリフ。

先生自身が色白ではないけれどピッカピカのお肌で綺麗で清潔感があり、説得力がありました。

 

私はこの先生のように健康的でピッカピカのお肌でいたい。

なんで今まで私は「色が白くなくてはいけない」と思っていたのだろう。

 

「美白が美しい」と思っていた思い込みも、先生の1言で価値観がガラリと変わりました。

それから美白よりも健康を意識出来る様になりました。

 

 

たまこんぶ
実際に夏場に焼けたサンダルの跡、腕の日焼けは冬には綺麗に消えます。そのことを理解出来てから、「日焼けしても戻るし、まぁいっか」と気楽に思える様になりました。

 

 

\スッピン肌でも明るい肌に見せる/

エステ、医療、家庭用脱毛器、なにが効果的?ブラウン脱毛器、ブラウンシルクエキスパート効果について
【エステ・医療脱毛・家庭用光美容機何がオススメ?】エステと光美容器を試した私の本音

続きを見る

 

ビタミンDを生成させて骨粗鬆症リスクを減らす為

骨粗しょう症、骨密度、

 

骨粗鬆症、という症状はご存じでしょうか?

男性よりも女性の方が、将来の骨粗鬆症リスクが高いと言われています。

 

 

骨粗鬆症とは?

 

骨密度が低下して、軽い転倒などでも骨折しやすい状態の事です。

 

女性の骨量は30才がピークで徐々に減少。

閉経後に女性ホルモンの関係でより加速。

 

骨を強くするには適度な負荷をかけること(運動)、ミネラルを取りカルシウムを骨に取り込むことが必要になって来ます。

 

 

骨粗鬆症予防の為に、過剰に日光を遮らない

 

カルシウムを体内に取り込む&身体から出ていくのを抑える働きをしてくれるのがビタミンD。

このビタミンDは食事や、日光を浴びる事により皮膚で生成する事が出来ます。

 

ビタミンDの成人女性における1日の目安量は8.5μg(マイクログラム)ですが、日本人女性は欠乏している方が多くなってきていると言われています。

 

ただでさえ女性は骨密度が減りやすいと言われているのに、過剰に日光を遮断しビタミンDを皮膚で生成させないのは、骨密度の低下を加速させているのでは?と思いました。

 

日焼けにより顔が弛む、シワが増えるのであれば、顔に当たる紫外線を遮断すれば良い。

身体が多少焼けても、骨密度が少しでも上がって健康を保てた方がいい。

 

現在アラフォーの私。

これから骨密度は下がっていく一方なので、過剰に日光を遮断せずに、ビタミンDを生成して骨粗鬆症の予防をしています。

 

 

質問にゃんこ
ちなみに、ビタミンDをサプリメントで取るのはどう?
それもいいと思うけれど、私はずぼらな面倒さがり屋よ。

続けられる自信0。食事と日光に当たって取ろうと思っているよ。

たまこんぶ

 

 

ビタミンDを含む食品

  • 鮭、いわし、しらす、さんま、鰻
  • しいたけ、まいたけ、きくらげ
  • 卵、ツナなど

魚やキノコ類から取れるようです。

 

 

日光に当たりセロトニンを分泌させる為

日光浴。セロトニン

 

"幸せホルモン"と呼ばれているセロトニン。

神経伝達物質セロトニンが不足すると、精神のバランスが崩れたり、パニック障害、うつ病を発症する原因にもなると言われています。

 

こちらのセロトニン、日光を浴びる事により分泌がされる様です。

 

 

セロトニンとは?

 

セロトニンが分泌されると、以下の様な効果が期待できます。

 

セロトニンの主な効果

  • 身体の活動性を高める
  • 脳を覚醒させる
  • ストレスを軽減させる
  • ポジティブな気持ちにさせる
  • 痛みの感覚を抑える

 

セロトニンを分泌するセロトニン神経は、適度な運動や、1日15分程日光を浴び刺激すると、活性化されると言われています。

 

皆さん、出かけたくない時、仕事に行きたくない時も、外に出ると元気になる時はありませんか?

 

私はよくあります。

 

無理やり外に出て、日光に当たり身体を動かしているからこそ元気になってくるのかな?とも思い、私は毎日最低でも15分以上はウォーキングをするようになりました。

(仕事、買い物予定が無くても、散歩をしています。)

 

 

たまこんぶ
ダイエットにもなるし、心も晴れてくるし、身体にも心にも良い事づくしです。

 

 

まとめ:過剰に日光を避けずに心も体も健康に!

ピクニック  日光浴

 

  • 宇津木式をしている為
  • 骨粗鬆症リスクを減らす為
  • セロトニンを分泌させる為

 

上記3つの理由から、私は過剰に日光を避けるのを止めました。

 

日焼け止めを塗り、クレンジングで落とす方が、肌ダメージがある。

(日を浴びるのが15分以内であれば、日焼けの方がダメージが少ない)

 

骨を強くするため、心の健康を保つために日光に当たる事も必要。

 

ただ、日差しをガンガン浴びている訳ではありません。

日傘と帽子を使い分けながら、顔面に当たる日差しを遮っています。

 

また、「美白の方が美しい」という考え方が無くなった私。

 

アームカバー、UVカットが出来るサンバイザーなどで過ごしていた過去もありますが、

今は晴れている日にこそ、気に入った服を着て、気に入った帽子をかぶって、腕も足も出して夏を楽しんでいます。

 

 

たまこんぶ
色白もいいけれど、自然な肌色もいい!

心身の健康&今を楽しむ為に、日光を過剰に遮りません。

 

 

\スッピンでも綺麗な肌でいられる/

エステ、医療、家庭用脱毛器、なにが効果的?ブラウン脱毛器、ブラウンシルクエキスパート効果について
【エステ・医療脱毛・家庭用光美容機何がオススメ?】エステと光美容器を試した私の本音

続きを見る

 

\宇津木式詳細・体験談はこちら/

宇津木式とは?11年続けた体験談
【宇津木式とは?】肌断食を11年続けた経過&肌の変化まとめ

続きを見る

-宇津木式(肌断食)について, 日焼け