オススメ 宇津木式(肌断食)について

【宇津木式とは?】肌断食を11年続けた経過&肌の変化まとめ

2023年5月27日

※アフィリエイト広告を利用しています

宇津木式とは?11年続けた体験談

天パ たまこんぶ

低コスト美容オタク。■宇津木式(肌断食)11年目。■クルクルの髪の毛は天然の癖毛。■自分で試して良かった美容法を紹介。

 

こんな方にオススメ

  • 宇津木式スキンケアが気になっている方。
  • 肌断食を実際にした人のリアルな体験を知りたい方。

 

宇津木式スキンケア(肌断食)を始めて11年目”天パたまこんぶ”です。

現在、基礎化粧品使用なし。ノーファンデ、ノークレンジングで過ごしています。

 

 

宇津木式(肌断食)を始めてからは、基礎化粧品、下地、ファンデを使用していないので、美容コストがかからなくなりました。

また、化粧をしていた時と比べて、お肌のトラブルが減り綺麗な肌になりました。

 

 

肌の未加工写真UPしています ⇩

低コスト美容実験室、天パたまこんぶ
Profile

続きを見る

 

ただ、「スキンケアをするのが当たり前」という世間の常識とはかけ離れた美容方法なので、信じられない方や、「気にはなるけれど、不安」と考えて行動に移せない方も多いと思うんです。

 

ということで、今回は実際に私が宇津木式(肌断食)を始めた時~11年後の現在までの肌のリアルな変化をお伝えしていきます。

 

たまこんぶ
良い事も、悪い事もお伝えしていくので、参考にしていただければと思います。

 

 

こちら宇津木式の本です ⇩

 

宇津木式(肌断食)とは?

 

「宇津木式スキンケア」とは、形成外科医の”宇津木龍一先生”が進めている美容法の事です。

 

宇津木龍一先生

元々は大学病院で形成外科専門医として働き、重症のやけど治療の専門医。

現在はしわ・たるみの治療と予防を専門とする形成外科専門医。

 

 

宇津木式=今まで当たり前の様に使用していた”基礎化粧品”全てをやめること。

 

  • 化粧水・乳液・美容液・クリームなどの基礎化粧品を使用しない。
  • 化粧下地・ファンデも使用しない。
  • クレンジング・洗顔料を使用しない。

 

数日間化粧品を断つ事を「肌断食」というものもありますが、宇津木式はこの断食をずーーーーと続けていく方法になります。

 

 

たまこんぶ
では、なぜ肌断食をすると肌が綺麗になるんでしょうか?

 

 

宇津木式(肌断食)について簡単に解説

 

皮膚は、元々何もしなくても健康に保てるような構造になっています。

 

宇津木式では、余計なスキンケア(化粧品)をし続ける事で肌に炎症が起き、肌荒れが起こっているのでは?今やっているスキンケアを全てやめれば健康な肌が蘇るのでは?

と考えて、「何もしないスキンケア」をしていきます。

 

 

やけど治療をヒントにした美容法

 

皆さん、怪我をした時、火傷をした時に、化粧水をつけますか?

化粧水を付けた時には滲みるし、傷の治りがより悪くなるのは分かりますよね。

 

宇津木式は、やけど治療から生まれた美容方法になります。

 

乾燥した場合に唯一塗っていいのは「ワセリン」のみ。

ワセリンは火傷部分につける事も出来ますし、口に入れても大丈夫。

格闘家の方も試合中、切り傷に塗っているような、安全な物です。

 

 

いままでの「当たり前」とはかけ離れた美容法

 

物心ついた時から、母親が化粧をしているのを見たり、

CM、雑誌、店頭で「綺麗な女性は基礎化粧品をつけるのが当たり前」と感じる中で生活をしてきたので、信じられない方も多いと思います。

 

ただ、考えてみて下さい。

 

  • 子供や男性って、何もしなくてもお肌は綺麗ですよね。
  • 世界に目を向ければ、基礎化粧品を使用しなくても健康な肌を保っている国もある。
  • 時代が変われば、基礎化粧品が無い中でも人間は生活してきている。

 

そう考えると、別にそこまでおかしい美容法ではないと思うんですよね。

 

 

理解しないと怖くて出来ない宇津木式スキンケア

 

さて、ここまで私の簡単な説明を聞いても、半信半疑な方も多いのではないでしょうか。

 

 

と、いいますのも、

私も初め半信半疑で、本を読むまで100%信じる事が出来なかったからなんですよね。

 

私が"宇津木式"を始めて知ったのは、友人に教えてもらったから。

 

友人は詳しく宇津木式について説明してくれたのですが、

(なるほど、でもスキンケアをしないなんて私には無理だわ。)

と思い、実行をしようとは思いませんでした。

 

その後、本屋に行った時にふと思い出し、興味本位から本を手に取り読んだ時に(ストン)と内容が理解できたのです。

 

たまこんぶ
あれ、今までやってきたスキンケアって、意味が無かったのかも。

 

と、思ったのです。

 

それから自分の肌で実験してみようと宇津木式(肌断食)をやり始めました。

 

本の内容をしっかりと理解した今は、それだけメディアや化粧品会社の広告に"スキンケアをしなくてはいけない"と、当たり前"を作られていたんだと思う様になりました。

 

【2012年】宇津木式を始めて起きた肌の変化

宇津木式美容法

 

早速、昔のブログ(未公開)を振り返りながら、宇津木式を始めた11年前の(20代後半)~今現在までの実体験の話をしていきますね。

 

 

実際に宇津木式を始めてみる

 

宇津木式の本を読み、実際に基礎化粧品、クレンジング、日焼け止めなど、

ポイントメイク以外全てをやめてみました。

 

 

1日目~1週間目

 

なにも付けない1日目。お風呂上りに肌がつっぱりました。

 

皆さん、顔を洗った後に化粧水を付け忘れた時ってつっぱりますよね。

それでも、化粧水orクリームなど塗りたくなる衝動を抑えて、そのまま過ごしてみました。

 

すると、1日1日過ぎる毎に、肌の乾燥が酷くなっていきました。

 

  • 常につっぱるし、翌日、翌々日と、時間が経つ度に乾燥が悪化。
  • 目尻シワシワ、オデコは粉を吹きながらもテカる。
  • 頬の薄い皮が乾燥して、白っぽくなる。
  • ほうれい線が割れる。
  • 乾燥での痒みとカサカサが止まらない。

 

元々は肌を綺麗にしたいから始めた事。

それなのに肌が荒れていくのはとても辛かったので、徐々に減らしていく作戦に出ました。

 

 

1週間~2週間目

 

肌の乾燥、かゆみが酷かったので、クリームを使用。

日焼け止めをやめるのも怖くなり、日焼け止めとパウダーのみ、使用する事にしました。

 

 

当時のスキンケアの流れ

 

洗顔→パック→化粧水→乳液→美容液→クリーム→アイクリーム→日焼け止め→下地→ファンデ→コンシーラー→フェイスパウダー

 

上記の青い部分を止めました。

 

初めは、化粧水も塗らずに、直でクリームを塗るのを気持ち悪く感じましたが、1週間ほどで気にならなくなりました。

 

 

一番辛かった肌の乾燥とかゆみは?

 

化粧水など、色んな物をつけなくても、クリームのみで肌は落ち着きました。

この時点で(今まで化粧水、乳液やらにかけていたお金って。。)と、本当は不要だったのかも、と思えてきました。

 

ということで、完璧な宇津木式ではなくアイテムを減らす事に2週間で成功しました。

 

たまこんぶ
「洗顔→クリーム→日焼け止め→パウダー」これだけに減らせただけでも、かなりコスト減になりました。

 

 

【補足】ファンデを塗らなくても大丈夫だったのか

 

元々美容オタクの私。(だからこそ、宇津木式もやりだした)

宇津木式に出会う前にも、綺麗になりたくて、お金をかけた美容で肌ケアをしていました。

 

20代前半までにしてきた美容法

  • エステで頭と眉毛以外、全て光脱毛。
  • 顔&全身のホクロ除去。
  • 顔面のシミ取り。
  • ニキビ、ニキビ跡はピーリング&レーザー。

 

ですので、隠したいシミは1つもありませんでした。

(ファンデを厚塗りしていたのはニキビ跡を消す為。ただ、肌荒れには敏感だったので、皮膚科治療でそこまで跡は酷くはありませんでした。)

 

 

 【2012年~2020年】8年間続けた 自己流宇津木式

 

 

洗顔後は日焼け止めとパウダーのみ。

夜は日焼け止めを落とす為に肌に優しいクレンジングのみ。

 

基礎化粧品の購入コストが減り、浮いたお金で定期的にシミ取りレーザーを受ける日々。

そのお陰で、顔面のシミ、ホクロは0で、かなり満足していました。

 

年齢は重ねているので、年相応の目じりのシワや、ほうれい線などは目立ってきましたが、その他トラブルはなし。

 

 

たまこんぶ
この頃から、周りから「肌が綺麗」と言われるようになりました。

 

 

ファンデを塗るとシワに入り込むので、年齢を重ねてからこそあまり厚塗りしない方が綺麗に見えるのかな?と思う様になりました。

 

 

【2020年】再度”宇津木式”の本を読み返し肌断食強化する

宇津木式美容法

 

2012年~2020年の8年の間に地元から離れた場所に引っ越し。

仕事が決まる前にコロナ禍になってしまい、自宅に籠る生活を送っていました。

 

当時は、緊急事態宣言真っ只中。

最低限家も出ず、実家にも帰れず、本を読んで気分を変えるというメンタルの整え方をしている中で久しぶりに見つけた本。

 

 

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法

 

 

 

「懐かしいなぁ。」と8年ぶりに読み返してみました。

 

 

クリームも日焼け止めもやめる決意をする

 

本の内容もすっかり忘れていたので、とても新鮮に感じました。

また、8年前はクリーム、日焼け止めはやめられなかったのですが、再度読んでより理解が深まりました。

 

・肌に優しい日焼け止めだろうが、毎日塗るのは肌には良くない。

・クリーム塗らなくても時が経てばつっぱらなくなる。

・汚れがなければクレンジング、石鹸も使わなくて良い。

 

 

たまこんぶ
改めて読んで、今の私であれば全部出来るかも。と思えました。

 

 

宇津木式強化後の肌の変化

 

さっそく、「日焼け止め」「クリーム」をやめて、下記ルールを守りました。

 

  • 朝は水で洗うのみ。(夜は日による)
  • 多少化粧が残ったとしても、ゴシゴシ擦らず気にしない。
  • 乾燥が気になる時はワセリンをチョロンとつけるだけ。
  • 日焼け止めは塗らず、帽子か日傘で予防。

 

やはり、お風呂あがりの肌はつっぱりました。

頬も乾燥して白くなり、目尻だけじゃなく、おでこにもちりめん皺が出来ました。。

 

 

ただ!

前回とは違います!!

 

 

たまこんぶ
コロナ禍で誰にも会わない日々だったので、宇津木式をする事が辛くありませんでした。

 

 

仕事もしていない。夫以外誰とも会わないので、どんどん身なりを気にしなくなっていく私。

 

乾燥部分にワセリン塗るのさえも、めんどくさがる。

ポイントメイクすらしないので、顔をゴシゴシ洗う事も無い。

化粧をしないので鏡を見る回数も少なくなり、乾燥による粉吹きも、ちりめんジワも気にならない。

 

 

そんな生活を2.3ヶ月程続けた所、

お風呂上がりの顔のつっぱる感じが無くなり、いつの間にか、目尻とおでこのちりめん皺も無くなり、ほっぺの粉ふきも消えていたんです。

 

何もしなくても、つっぱらないし、肌は艶々。

Tゾーンのテカリが気になる時は、パウダーをポンポンっとのせるだけ。

 

気付いた頃には、何もしなくても健康な肌になっていました。

 

 

【2020年~2023年】基礎化粧品0・トラブルのない肌に

すっぴん写真肌断食写真

※2023年現在、無加工スッピン写真です。

 

始めたのがコロナ禍からなので、あれから3年以上何もつけていませんが、トラブルの無い、綺麗なお肌を保てています。

 

化粧をしなくてよくなり、お肌にかけるコストも減り、外出先でも化粧直しも不要に。

他の事にお金と時間を使えるようになり、本当に良かったと思っています。

 

ただ、中々やり始めるのに勇気のいる宇津木式。

やり始めてからも、不安になりやすい宇津木式。

 

まだまだ私の説明だけでは足りない部分も多く、実際に本を読んだり、しっかり納得してからでないと続けられないとも思います。

 

ということで、これからも宇津木式をしているお肌の経過や、お肌について私が感じること、思うことを書いていこうと思います。

 

たまこんぶ
宇津木式(肌断食)について理解を深められる内容や、コストをかけずに綺麗になれた方法を発信していきますね。よろしくお願いいたします。

 

シンプルケアについての、質問、相談、雑談はこちらの相談室へどうぞ。

美容好き同士でコミュニケーションが取れる相談室、作りました(^^♪

tei 低コスト美容実験室
相談室

続きを見る

 

-オススメ, 宇津木式(肌断食)について