日焼け 肌断食

【宇津木式・肌断食】日焼け止めのメリット・デメリットとは?紫外線を完全防備をするのは肌に良くない?

2023年8月20日

※アフィリエイト広告を利用しています

宇津木式・肌断食、日焼け止めの害。将来の為に紫外線を避ける

天パ たまこんぶ

低コスト美容オタク。■宇津木式(肌断食)11年目。■クルクルの髪の毛は天然の癖毛。■自分で試して良かった美容法を紹介。

 

こんな方にオススメ

  • ”日焼け止め”と”日焼け”のデメリット・メリットを知りたい方。
  • 将来の為に、日焼けしたくないと思っている方。

 

私は3年ほど前から、日焼け止めを塗っていません。

塗らなくなった理由は、宇津木式(肌断食)の本の内容に納得をし、実際に実行してみた結果、肌のトラブルが減ったからです。

 

宇津木式とは?11年続けた体験談
【宇津木式とは?】肌断食を11年続けた経過&肌の変化まとめ

続きを見る

 

また、色々調べていく内に紫外線が「悪ではない」と思ったからです。

 

 

\日焼け止めを使わない理由/

日焼け止めをやめた3つの理由(宇津木式、肌断食)
宇津木式(肌断食)をしている私が、日焼け止めを毎日塗るのをやめた”3つの理由”

続きを見る

 

今回は「”日焼け止め”と”日焼け”のデメリット」「アラフォーの私個人の日焼けに対して思う事」をお話していきます。

 

自分がどんな肌を目指しているのか。

これからどんなスキンケアをしようか考えている方は是非観てみて下さいね。

 

宇津木式(肌断食)中の日焼け止めについて

ピクニック  日光浴、宇津木式スキンケア、肌断食、日焼け後の将来、紫外線を避ける

 

宇津木式では、紫外線を遮らず直接肌に当たる場合、15分以内であれば塗らなくていいといっています。

理由は、「日焼けをする事」も肌にとっては害になるが、「日焼け止めを塗る事」も害になるからです。

 

短時間でも紫外線に当たり、日焼けをする事に抵抗がある場合は、帽子や日傘で遮ればいいとの事。

 

 

紫外線は悪だと思っていた過去

 

紫外線は「悪」だと思っている方はいませんか?

私は、宇津木式の本を読むまで「紫外線は極悪な物」だと思っていました。

 

その為、365日、朝の洗顔後に必ず日焼け止めを塗っていました。しかも顔だけではなく服から出る皮膚全てに。

1日自宅を出ない時ですら「窓からも紫外線が入ってくる」と極度に怯えて紫外線を遮っていました。

 

当時紫外線に対して思っていた事

  • 美肌の大敵、紫外線こそが肌を悪くする悪の親玉
  • 窓から入る光も悪。肌を守るために室内にいる時も日焼け止めを塗る
  • 素肌が出ている部分は、全て日焼け止めを塗って守る

 

ただ、今思うと、何をそんなに怯えていたんだろうと思うのです。

 

シミが出来れば、レーザーでシミを取ればいい。

シミ取りレーザー経過写真12日間
【宇津木式・肌断食をしている私のシミ取りレーザー経過写真:ビフォーアフター】12日間のダウンタイム記録

続きを見る

 

健康面では「紫外線に当たり過ぎると皮膚がんになるのでは?」とまで当時は思っていましたが、調べてみた所黄色人種は白人と違って皮膚がんは多くない。

メラニンは天然の日焼け止めの様な物で、メラニンの量が白人よりも多い日本人は紫外線に強いという事が分かりました。

 

また、日焼け止めを販売している化粧品メーカーが出している紫外線の害のデータは、日本人&日本の気候から取ったものではなく、オーストラリアなど紫外線量が日本よりも多い気候&白人種のデータを参考にしているものも多い。

(紫外線が悪と消費者が思った方が商品は売れるので、海外データを使っているのかな?と個人的に思いました)

 

という事で、パッと見たデータのみを鵜呑みにしない方がいいと思いました。

 

 

日焼けの害<日焼け止めの害

 

日焼け止めは有害な紫外線をカットする効果があります。

ただ、弊害もあるようです。

 

ほとんどの日焼け止めは、界面活性剤が入ったクリーム状の物。

基礎化粧品と同じく、界面活性剤が皮膚のバリアを壊して乾燥、敏感に肌がなってしまいます。

 

また、紫外線吸収剤の入っている日焼け止めは、紫外線にあたると、吸収剤が刺激のある有害な成分に変化し炎症を引き起こすこともあります。

 

日焼け止めを塗る際も皮膚を擦りながら塗りますし、落とす際もクレンジングを使用し肌を擦る。基礎化粧品を塗る際にも擦り、ファンデーションを塗る時にも擦る。

 

肌を何度も擦る事により、肌ダメージが増える=炎症とメラニン増加がおきて、シミ、くすみの原因にもなってしまう事もあるようです。

 

 

宇津木式11年目の肌について

日光浴。セロトニン 方法、教えて、やり方、宇津木式スキンケア、肌断食、日焼けどめ

 

私は11年ほど前に宇津木式の本に出会い、基礎化粧品はクリーム以外全てをやめました。

ファンデーションもやめて、SPF20程度の日焼け止めのみ。

 

8年間はそれで過ごしましたが、今から3年前の2020年~クリームも日焼け止めすら塗らなくなりました。

 

 

\宇津木式詳細はこちら/

宇津木式とは?11年続けた体験談
【宇津木式とは?】肌断食を11年続けた経過&肌の変化まとめ

続きを見る

 

日焼け止めすら塗らなくなって3年目。

肌にクリームを塗る事を不快に感じ、肌に何も塗らない事を心地よく感じる様になってしまいました。

 

その為、普段は日傘か帽子で日光を遮り、日傘、帽子が使用出来ない場面のみ(しょうがない)と思いながらSPF20程度の日焼け止めを塗って紫外線から肌を保護しています。

 

 

\年1こちらを購入/

 

 

たまこんぶ
日焼け止めを塗るのは、海やプール、キャンプなどのアウトドアや、日傘がさせない人混みなど。そこまで頻繁にアクティブな行動をしないので、年10日前後だと思います。

 

 

そんな私の肌事情をお伝えしていきます。

 

 

\眉アートメイクもしています/

眉アートメイク、アイブローアートメイク経過写真
【アイブロウアートメイク経過記録】施術~5年後の眉毛経過画像公開

続きを見る

 

日焼け止め未使用 8月の肌写真

 

最近、こちらのブログとインスタを両方を観て下さっている読者さんより、こんな質問を頂きました。

 

質問にゃんこ
日焼け止めを塗らないのに肌が白いのは、宇津木式をやっているからですか?
答え:インスタ写真はフィルター加工をしているので肌が白く見えるだけです。
たまこんぶ

 

インスタ写真を加工している理由

  • インスタは「癖毛アカウント」の為、顔はフィルターかけてもいいかなと。
  • SNSは可愛ければ加工OKな世界だと認識、現実より可愛く見える様にしている。
  • blogの肌記事にのせている写真は未加工。

 

ということで、

他の方にも誤解をさせたら申し訳ないので、今回一切フィルターなし、ノーマルカメラで撮影した写真を載せる事にしました。

 

 

加工0。部屋の電気なし、白いライトなし。

これがリアルな私。
8月現在の肌の色はこんな色です。

 

 

たまこんぶ
見ての通り、私は色白ではありません。焼けています。

誤解させてごめんね。

 

 

出来るだけ日傘、帽子を。。と思っていますし、心がけていますが、

 

  • 徒歩五分くらいだし、まあいっか。
  • ドライブ中はサングラスのみ。
  • 人が多いから、日傘閉じておこう。

 

みたいな場面はあるわけです。
おおざっぱで適当な性格なので、「まあいっか」が発動されるわけです。

 

その結果、夏にはある程度日焼けはしてしまうのです。

 

 

色が白いから美しいという価値観ではない

 

普段日焼け止めを塗らないと、日に焼けます。

ですので、色白が好みで、絶対に焼けたくない人は、宇津木式関係なく日焼け止めを塗った方がいいと思います。

 

40才現在、私は美白を目指していなくて「健康的な綺麗」を美しいと思うようになりました。宇津木式をしている理由は「肌を健康に美しくしたいから」それだけ。

 

色白ではないけれど、健康的な肌を保てていると思っています。

 

私は「色が白くても焼けていてもどちらでも良い。健康的な肌であればいい」という価値観を持っています。

 

 

\浮いたお金でシミ取りしています/

シミ取りレーザー経過写真12日間
【宇津木式・肌断食をしている私のシミ取りレーザー経過写真:ビフォーアフター】12日間のダウンタイム記録

続きを見る

 

 

夏は焼けるし冬は白くなるのは当たり前のこと

 

私は夏に色が黒くなり、冬は白に戻るを繰り返す肌を気に入っています。

 

元々は日に焼ける事は「悪」だと思っていた私ですが、ある時肌の綺麗な皮膚科医の先生から「黄色人種は夏は黒くなっても冬は白くなるのが普通」という話を聞いて「ハッ」としたんです。

 

実際に日に焼けてもターンオーバーがしっかり出来ていれば、ちゃーんと冬には肌の色は戻る事も自分の肌で体験し、納得をしました。

今は(人体って凄いなぁと)肌の色が変わる事を面白がっています。

 

 

こちらの記事で皮膚科医の先生との話も書いています。

日焼け止めをやめた3つの理由(宇津木式、肌断食)
宇津木式(肌断食)をしている私が、日焼け止めを毎日塗るのをやめた”3つの理由”

続きを見る

 

 

私は将来よりも今が大切

 

紫外線が「悪」だと思って365日日焼け止めを塗っていた時、私はこんな風に思っていました。

 

 

たまこんぶ
将来の為に、紫外線に当たってはいけない。年齢を重ねた時にシワ、シミ、たるみが酷くなる。

 

 

「日焼け止めだけでは足りない。」

 

 

そう思い、

ツバがものすごく広くて、光が当たるとレインボーに光るサンバイザーを顔面につけたり、アームウォーマー、ネックウォーマーを真夏につけて完全防御していた時期もありました。(20代の時です)

 

さて、そんな風に思っていた私も40代になりました。

そして思ったのです。

 

 

たまこんぶ
将来って、あの時、20代の私はいつの事をさしていたのだろう。。?

 

 

20代の時に将来の為と、紫外線完全防御スタイルをしていましたが、40代の今は(20代の時にもっとかわいい服を着て、体力があるんだからもっともっと、もっとアクティブに遊べばよかった)と後悔をしています。

 

将来将来って、今が人生で1番若いし、体力もある訳で。

私は”今”自分が好きな服を着て、好きなところに行って、好きな事をする事が大切だと考える様になりました。

 

果、「将来の為に、今美容を頑張る」という感覚はなくなりました。

 

将来の為に紫外線を完全防御した服装をしたとしても、50代、60代になった自分は、過去の私に対して「紫外線を防いでくれてありがとう」とは思わない。

「40代の私が紫外線を防いでくれなかったから、老けたのよ!ムキ―!怒」とも絶対に思わない。

 

その代わり「あの頃は楽しかったなぁ」と自分の経験を懐かしむはず。

というか、そんな自分でありたい。

 

だから、私は「将来の自分の為に」今”苦痛な事”はしないと決めています。

 

 

たまこんぶ
将来の自分の為にする事は、少しでも健康でいられる様に食事に気を付けたり、運動をする事。後は、好きな人達と将来微笑ましくなるような思い出を作ることが大切だと思っています。

 

 

まとめ:宇津木式は美白ではなく”健康的な美肌”になる方法

子供の肌はサラサラ、サラサラな肌は健康、宇津木式、肌断食

 

  • 日光に当たる場合、15分以内であれば日焼け止めを塗らない方が肌に良い。
  • 日焼け止めを塗る事は、良いことも害もある。
  • 日傘、帽子で紫外線をよけるのがオススメ。

 

それでも、日焼け止めを塗らないと多少は日に焼けてしまうと思います。

ですので、美白を目指している方は宇津木式はせずに、しっかりと日焼け止めを塗って紫外線を避けた方が良いと思います。

 

宇津木式は「色が白くて綺麗な肌になる」という価値観ではなく、「健康的な美肌になれる方法」だと思います。

 

私個人も「健康的であることが美しい」という価値観をもっている為、今も宇津木式をしています。

どちらが正しいではなく好みの問題だと思うので、私と同じような価値観の方には是非「宇津木式」の本を読んで実践していただけたら、と思います。

 

基礎化粧品などのコストも浮くので、シミ取りレーザーや脱毛など、その他美容も浮いたコストで無理なく出来るので、本当にお得。オススメです。

 

 

\脱毛すると毛穴が目立たない/

エステ、医療、家庭用脱毛器、なにが効果的?ブラウン脱毛器、ブラウンシルクエキスパート効果について
【エステ・医療脱毛・家庭用光美容機何がオススメ?】エステと光美容器を試した私の本音

続きを見る

 

\眉アートメイクもしています/

眉アートメイク、アイブローアートメイク経過写真
【アイブロウアートメイク経過記録】施術~5年後の眉毛経過画像公開

続きを見る

 

こちら宇津木式の本です ⇩

 

-日焼け, 肌断食